「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球選抜2017、激戦を勝ち抜いたベスト8の一角、健大高崎

2017 5/15 09:56hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年第89回選抜高校野球大会、延長15回7対7の引き分け再試合を戦いベスト8まで勝ち上がった、関東代表群馬県の健大高崎のこれまでの甲子園での実績やチームをご紹介するとともに、ベスト8までの戦いを振り返り、夏の甲子園への展望にも触れてみたいと思う。

全国制覇を目標に、継投策と機動力野球で甲子園出場

健大高崎の正式名称は高崎健康福祉大学高崎高等学校だ。野球部創設は2001年とまだ新しく、選抜大会には2012年初出場でベスト4、2015年の2回目にはベスト8と実績を残し、今回が2年ぶり3回目の出場となった。健大高崎の目標は全国制覇だ。
そのために、全国から優秀な人材を集めるとともに、コーチングスタッフも充実させ、徹底した数値管理と実戦経験を重視した指導を行っている。今年のチームは力のある投手数名による継投策と、機動力を生かした高い得点力で甲子園の座をつかんだ。

大差で勝ち抜いた1回戦、北海道代表札幌第一高等学校戦

1回戦は北海道代表札幌第一と対戦した。攻撃力には定評のあるチームだ。
この試合は札幌第一は冨樫颯大投手、健大高崎は伊藤敦紀投手の先発で始まった。健大高崎は1回の表の2死満塁のピンチを切り抜けると、2回3点、3回2点と序盤で5点の差をつけ、試合を有利に進める。
終盤7回には4番山下航汰選手の満塁本塁打などで追加点を奪い、守っては、先発の伊藤投手が7回1失点と好投、8回9回は継投でつなぎ、11対1の大差で1回戦を勝ち進んだ。この試合では16安打2本塁打と打線も爆発している。

おすすめの記事