「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球選抜2017、激戦を勝ち抜いたベスト8の一角、福岡大大濠

2017 5/15 09:56hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 NorGal/ Shutterstock, Inc.

2017年高校野球選抜大会、九州地区1位の資格で甲子園に出場したのは、福岡大大濠だった。15回引き分け再試合で印象に残った。優勝候補の呼び声も高く、期待されたが準々決勝で敗れている。ここでは福岡大大濠の甲子園での実績や、甲子園での戦いの跡をハイライトで紹介する。

県大会、地区大会共に優勝で甲子園でも優勝候補

福岡大学附属大濠高等学校は、1951年創立の私立高校だ。野球部も同じ年に創部された。選抜甲子園には、1984年初出場で、以降3回出場しているが、勝ち星はなく、26年ぶりとなった2017年大会で初勝利を挙げた。夏の大会には3回出場があり、こちらはベスト8まで勝ち進んだ実績がある。
2016年秋福岡県大会、九州地区大会共に優勝しており、下位に至るまで切れ目のない打線と、安定感抜群の投手陣が特徴だ。甲子園に来るまでの公式戦成績は、12勝1敗、打率.349、防御率1.64を残している。甲子園でも優勝候補として挙げられていた。

反撃を抑え逃げ切り勝利、1回戦中国代表岡山県の創志学園高等学校戦

1回戦の対戦相手は、中国代表岡山県の創志学園高等学校だった。創志学園は選抜甲子園には2年連続3回目の出場、夏の大会にも1度出場している。
試合は創志学園が秋山竜彦投手、福岡大大濠は三浦銀二投手の先発で始まった。福岡大大濠は2回裏8番樺嶋竜太郎選手の2点本塁打で先制すると、3回2点、4回には樺嶋選手の2打席連続本塁打で1点を加え、5対0とリードを広げた。6回には2点、8回には1点を返されたが、三浦投手が追加点を許さず、結局6対3で逃げ切り、2回戦に進んだ。

おすすめの記事