「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球選抜2017、激戦を勝ち抜いたベスト4の一角、報徳学園高校

2017 5/15 09:56hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年春の選抜甲子園でベスト4まで勝ち進んだ、報徳学園をご存知の方は多いだろう。春の甲子園では2度、夏の甲子園では1度優勝の実績があり、全国にファンを持つ報徳学園の甲子園での実績や、選抜2017の戦いを振り返ってみたいと思う。

足を絡めた攻撃と堅い守りが特徴

報徳学園高等学校は、1911年創立の私立高校だ。野球部は1932年に創部された。春の選抜への初出場は、1964年だ。2017年大会で21回目となったが、その間優勝が2回ある。夏は1961年の初出場で、以降14回の出場があり、優勝は1回と甲子園の強豪校として、知られている。
2016年秋の近畿大会には兵庫県2位の成績で出場、1回戦を勝ちあがり、甲子園代表に選ばれた。甲子園大会前の成績は公式戦9勝2敗、足を絡めた攻撃と堅い守りが特徴のチームだ。

全力を出し切った1回戦21世紀枠代表岐阜県多治見高等学校戦

1回戦の対戦相手は、21世紀枠出場の多治見高等学校だった。多治見は岐阜県にある文武両立の公立校で、2016年岐阜県大会での初優勝が評価されて選抜された。
試合は報徳学園が西垣雅矢投手、多治見が河地京太投手の先発で始まった。報徳学園は1回に2点を先行すると、3回には打者12人6安打の猛攻で8点を奪い試合を決める。その後も攻撃の手を緩めず、21安打、本塁打1本と打ち、21点を挙げ大勝した。大差のついた試合では出やすいエラーも報徳学園にはなく、最後まで全力で戦った。

おすすめの記事