「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球選抜2017、激戦を勝ち抜いて準優勝した履正社高校

2017 5/15 09:56hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Dan Thornberg/Shutterstock.com

2017年選抜高校野球で、決勝戦まで進み、大阪桐蔭に敗れ準優勝に終わった履正社高校。大阪府大会こそ準優勝だったが、近畿大会や明治神宮大会に優勝して甲子園でも優勝候補に挙げられた。そんな履正社のチーム力や甲子園での戦いの跡を振り返る。

近畿大会優勝、明治神宮大会優勝で選抜優勝候補の上位にランキング

履正社高等学校は1922年に創設された大阪の私立高校だ。野球部も同じ年に創部された。ただ、甲子園出場の歴史は新しく、夏の大会初出場が1997年、春の選抜が2006年だった。以降、夏には3回、春は3年ぶり7回目の出場となった。
甲子園に来るまでのチーム成績は15勝1敗で、打率.358、防御率2.40を残している。1度の敗戦は、大阪大会の決勝で上宮太子高等学校に敗れたものだ。それ以外では近畿大会優勝、明治神宮大会優勝と向かうところ敵なしで、2017年選抜でも優勝候補に挙げられた。

9回に一挙7点で試合を決めた1回戦、東京代表日本大学第三高等学校戦

1回戦の対戦相手は、東京代表日本大学第三高等学校だった。日大三は夏の甲子園には16回出場、春は6年ぶり19回目の出場で、夏2回、春1回の優勝経験がある。
試合は履正社が竹田祐投手、日大三は櫻井周斗投手の先発で始まった。1回の裏、日大三が2点を先制する。履正社は3回に1点返すと、5回には1番石田龍史選手が大会1号となる3点本塁打を放ち、逆転に成功した。そして7回にも1点を加え突き放そうとするが、日大三も7回8回で3点を加え、5対5で9回を迎える。しかし、履正社は9回に打者12人で7点を奪い試合を決めた。

おすすめの記事