「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

まさに茨城の顔!常総学院高校野球部の歴史と甲子園での戦績

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

設立新しい学校にもかかわらず、今ではすっかり茨城県の顔となった常総学院高等学校。2016年は春夏同時出場を果たし、夏はベスト8まで勝ち上がった。そんな常総学院野球部の歴史や成績、卒業生を紹介する。

初出場で決勝まで進んだ夏の甲子園

常総学院高等学校は1983年設立と新しい高校で、野球部も同じ年に作られた。甲子園初出場は創部4年目の1987年で、この年は春夏同時出場を果たした。春の大会は東海大浦安高校の代理出場で、1回戦で敗退する。しかし、夏の大会では初出場で決勝まで進み、準優勝に輝いた。
設立が新しいにもかかわらず、甲子園は春に9回、夏に16回と合計25回出場しており、成績も素晴らしく、春は優勝と準優勝、夏は優勝と準優勝を経験し、それぞれ1度はベスト4を獲得している。

仁志敏久選手を擁し、夏の甲子園に3年連続出場

夏の甲子園には1987年から1989年まで3年連続で出場している。この時、選手として3年連続で出場したのが、1年生からレギュラーだった、元読売ジャイアンツの仁志敏久選手だった。初出場となった1987年第69回大会では、決勝戦までコマを進め、大阪PL学園に2-5で敗れる準優勝だった。翌1988年は2回戦で敗退し、1989年は1回戦敗退とあまりいい結果は残せていない。
その後、仁志選手は早稲田大学、日本生命と進み、読売ジャイアンツに入団。最後はアメリカ独立リーグ、ランカスター・バーンストーマーズで現役を引退した。

おすすめの記事