「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

怪物松坂大輔投手で春夏連覇!横浜高校野球部の歴史と戦績

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

春夏問わず熱い戦いを見せてくれる横浜高校野球部。応援している甲子園ファンは、神奈川県に限らず全国的だ。2016年も夏の甲子園で、元気な姿を見せてくれた。ここでは、そんな横浜高校野球部の歴史や戦績に加え、名場面や卒業選手など紹介する。

甲子園初出場でベスト4進出

横浜高校は神奈川県横浜市にあり、設立は1942年、中高一貫教育を提供する男子私立校だ。野球部の創設は1946年、当初は神奈川県大会で4回戦まで進めば上出来の、それほど強くないチームだった。
しかし、1960年夏季大会で初のベスト4まで進出すると、以降神奈川県の強豪校の一角を占める。甲子園初出場は1963年の夏の大会だった。神奈川大会決勝で慶応高校を5?3で下し、見事甲子園への切符を手にする。甲子園では準決勝までコマを進めたが、この大会優勝校の大阪明星高校に5?0と敗れ、甲子園初出場はベスト4に終わった。

春の甲子園は初出場で初優勝

春の甲子園初出場は1973年に実現す。この年はピッチャーに永川英植投手を擁し、2回戦から登場すると順調に勝ち星を重ねる。そして決勝戦では広島商業を3?1で破り初出場、初優勝の快挙を成し遂げた。エースとして活躍した永川投手は、銚子商業の土屋正勝投手、土浦日大の工藤一彦投手とともに関東3羽烏と呼ばれ、ヤクルトスワローズに入団した。
この年を合わせ選抜大会には15回出場、1998年、2006年と計3回の優勝を達成している。15回目の2014年大会は、青森県の八戸学院光星高に敗れ1回戦で姿を消した。

おすすめの記事