「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夏の甲子園第1回大会準優勝、秋田高校野球部の歴史と戦績

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

秋田県の甲子園常連校、秋田高校。夏の甲子園には第1回大会に出場して見事準優勝に輝いた。ここでは秋田高校野球部の歴史や甲子園での成績、卒業選手などについて紹介したい。

夏の第1回大会に出場した文武両道の進学校

秋田県立秋田高校は、1873年(明治6年)創立の文武両道の進学校だ。野球部の設立も古く1886年(明治19年)とも1894年(明治19年)ともいわれている。甲子園出場は春が5回、夏が19回と計24回の出場を誇る。
特に夏の甲子園では、1915年(大正4年)に行われた第1回全国中等学校優勝野球大会に出場して、準優勝に輝いている。全国から10チームが参加したこの大会は秋田中と京都二中との間で決勝戦が行われ、延長13回、1-2で京都二中に敗れた。

なかなか出場できなかった春の甲子園

秋田中時代には、夏の甲子園には8回出場してベスト4が1度ある。しかし、春の甲子園への出場はかなわなかった。春の甲子園に初めて出場できたのは、1965年の第37回大会だった。出場校は24校、北海道・東北代表として出場した秋田高校は、1回戦東海代表静岡県の静岡高校と対戦し、6-7で敗れている。
この試合は静岡が1回の表4点を奪って先行するも、終盤秋田が逆転、9回に追いつかれ、6-6のまま延長戦に入った。どちらが勝ってもおかしくない状況から、最後は11回に1点を取られ逃げ切られてしまう。

おすすめの記事