「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鹿児島御三家の一つ・樟南高校野球部の歴史と戦績

2017 3/8 20:01hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira / Shutterstock.com

鹿児島県の甲子園常連、樟南高校。かっては鹿児島商工の校名で甲子園で活躍、鹿児島実業高校、鹿児島商業高校と並び、鹿児島県高校野球御三家といわれた強豪校だ。ここでは樟南高校野球部の歴史や甲子園での名場面、成績などを紹介したい。

1994年までは鹿児島商工の校名で活躍

樟南高校は1883年(明治16年)に創立された鹿児島県の歴史ある私立高校だ。1994年3月までは、鹿児島商工の校名で甲子園に出場していた。
甲子園出場は、春が7回夏が19回と合計26回を数える。春の甲子園への初出場は、1980年(昭和55年)の第52回大会、夏の甲子園には1970年(昭和45年)の、こちらも第52回大会だった。どちらも初戦で敗れているが、春の大会ではベスト8、夏の大会では準優勝の実績がある。2016年には夏の大会に出場して2回戦まで進んだ。

春夏同時出場で同時初勝利

1982年(昭和57年)は記念すべき年となった。第54回春の甲子園に2回目の出場を果たすと、第64回夏の大会にも3回目の出場を果たし、春夏同時出場となったのだ。さらに、春の大会では、1回戦で四国代表徳島県の鳴門商業に、2-3から9回裏に2点を取って、逆転サヨナラで甲子園初勝利を飾る。夏の大会でも2回戦から出場して、秋田県代表秋田経済付属高に逆転勝ちを収め、夏の甲子園初勝利を挙げた。
春、夏共に初戦の1勝ずつで終わったが、自信の付く勝利となった。

おすすめの記事