「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バドミントンで使うシャトルの選び方をご紹介

2016 12/9 12:03
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Have a nice day Photo/ Shutterstock.com

オリンピックでの活躍などで人気の高まっているバドミントン。今回はそんなバドミントンを始めてみたいと思っている人へ、シャトルの選び方について解説していきます。

シャトルは新品が良い

遊びで使うような家庭などにあるバドミントンセットでは、多少ぼろぼろになっても使い続けて構いませんが、上達を目指して練習するのであればシャトルはなるべく新品を使うのをおすすめします。シャトルは使い続けることでぼろぼろになり、直進性が悪くなったり、変な回転をし始めるので、その状態で練習を続けてもあまりうまくなりません。競技用で使うシャトルは消耗品と割り切って、練習で古くなったものはどんどん新しいものに変えていきましょう。

シャトルのパーツ「羽根の材質」

ここからはシャトルのパーツに注目して紹介していきます。まず最初は「羽根の材質」です。競技用のシャトルの羽根は文字通り鳥の羽根が使われています。主にガチョウかアヒルの羽根が多く、練習用には比較的値段が安いアヒルが使われることが多いです。アヒルの羽根は真っ白で見た目がきれいという特徴があります。
一方で、日本バドミントン協会が認めている一種の検定級はガチョウの羽根を使うように規定されています。ガチョウの羽根は高価ですが、耐久性があるため安定したプレーが可能になります。

おすすめの記事