「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

代表選考会で勝っても東京五輪に出られない? ちょっと困ったマラソン選考事情②

2019 4/30 07:00鰐淵恭市
マラソン,Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

国内選考基準と五輪参加資格は別もの

東京五輪のマラソン代表選考レースとなる「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」。このレースができる要因となった過去のドタバタについては、前回説明した通りだ。四つの選考レースから3人を選ぶなどという曖昧な選考基準を排除し、過去に起きたような悲劇を繰り返さない、わかりやすい選考を目指してMGCは生まれた。

2017年に始まったMGCシリーズ対象レースで基準をクリアしなければ、MGCに出場できない。4月20日現在、出場権を得ている男子は30人で、女子は14人。まずはその中から、今年9月にあるMGCで男女上位2人が代表に内定。3人目は、MGCファイナルチャレンジ(福岡国際やびわ湖など、これまでの五輪代表選考レース)で派遣設定記録(2019年5月発表予定)を最速で突破した選手が選ばれ、突破する選手がいない場合は、MGC3位の選手が選ばれる。

至極分かりやすいシステムだが、なぜ問題が起きているのだろう。

2017年8月に発表されたMGCの日本代表選考方法の基準は、あくまでも日本国内が基準で、五輪に参加する資格があるかないかは別の話になる。マラソンなどの陸上競技でいえば、国際陸連が定める別の国際基準が存在するようなもの。

つまり、国内基準をクリアしても国際基準を満たしていなければ、五輪に出場できないということになる。国際基準を満たす選手が4人以上いる場合は、国内の基準を適用して代表を3人にしぼる、というのが通常の流れ。

今年3月に国際陸連から発表された参加資格は、派遣設定記録を突破した時点で五輪参加資格を得ることができるという「参加標準記録方式」と、各選手の記録や順位をポイント化しているワールドランキングの上位者から選ぶという「ランキング方式」の併用だった。ちなみに、これまでは参加標準記録方式だけだった。

おすすめの記事