「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

代表選考会で勝っても東京五輪に出られない? ちょっと困ったマラソン選考事情①

2019 4/29 07:00鰐淵恭市
マラソンランナー,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

悲願だった一発選考

東京五輪まであと1年あまり。今年9月にはマラソンの日本代表を決める選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が行われ、いよいよ各競技での代表選考会が本格的に始まる。

しかし、このMGCでは、ちょっと困ったことが起きている。指導者からは「代表権を獲得しても五輪に出られない可能性もあるのではないか」という声が聞かれ、マスコミ関係者には「優勝しても代表内定と報道できないのでは」と話すものがいる。

マラソン選考で何が起きているのか。問題点を把握するために、まずはMGCと過去のマラソンの代表選考について理解する必要がある。

MGCとは、今年の9月15日に東京五輪とほとんど同じコースで行われるマラソンの代表選考会のことで、男女ともレースがある。1回のレースで代表を決める「一発選考」の形を、〝ほぼ〟取っているのがこのレースの特徴だ。

この「一発選考」は、日本の陸上界において常に賛否が集まるテーマであり、ある意味、悲願でもあった。最近の五輪では運良く揉めることはなかったが、かつてのマラソンの代表選考では誰を選ぶかで揉めに揉めることがあり、時には世論を二分する騒動に発展することも。マラソンの代表選考のドタバタは、4年に1度の風物詩でもあった。

おすすめの記事