「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京五輪へ向け、現れた新星 服部勇馬の台頭で日本男子マラソン界は「4強」時代に②

2018 12/19 11:00鰐淵恭市
マラソン,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイムでは計れない服部勇馬の記録

12月2日に行われた福岡国際マラソンで、日本人選手として14年ぶりの優勝を成し遂げた服部勇馬(トヨタ自動車)。タイムは2時間7分27秒の日本歴代8位とはいえ、大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)の持つ2時間5分50秒の日本記録とは1分30秒以上の開きがある。それでも服部の走りが評価されるのはなぜだろうか。

20度を超える悪条件でのスタート

「この天気がレースの最初からだったらなあ」

レース後、厚い雲で覆われた空を見上げながら、日本陸連の瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーがそうつぶやいた。

今回の福岡は稀にみる暑さだった。12月だというのにスタート時の気温は20.2度。スタートの時に20度を超えるのは53年ぶりだったため、前半は全体的にスピードが上がらなかった。

逆に終盤は曇りになった影響で、走りやすくなった。服部は35キロからの5キロを14分40秒で走っている。35キロ以降をこのタイムで走れば、世界的にも勝負できる。 だからこそ、瀬古氏が嘆くのも分かる。最初から気温が低かったら、どれだけのタイムで走れたのだろうと。

瀬古氏はこうも続けた。

「設楽(悠太)が日本記録を出した東京と同じ気象条件だったら、昨年の福岡の大迫は2時間5分後半で走れると、日本陸連の科学委員会は分析していた。そして、実際にシカゴで大迫は2時間5分台で走った。今年の福岡の方が条件は悪い。だから、服部も2時間5分台で走れる力がある」。

瀬古氏の言葉を少し補足しよう。昨年の福岡国際マラソンで、大迫は2時間7分19秒をマーク。これは当時の日本歴代5位の好記録で、この大迫の走りがその後の日本男子マラソン界を勢いづかせるきっかけとなった。ただ、この時の福岡も暑くてスタート時の気温は14.1度だったのだ。

一方、設楽が16年ぶりに日本記録を更新した今年の東京マラソンはスタート時の気温は6.5度で天気は曇り。絶好の気候だった。14位までが2時間10分を切るなど、好記録が続出した。

そこで、日本陸連の科学委員会が東京の気象条件で大迫が走っていたら、どれだけのタイムが出せたのか試算したらしい。その方法は分からないが、瀬古氏が言うように2時間5分後半で走れるという結論だった。

服部が走った今年の福岡は、大迫が走った昨年の福岡よりもさらに暑かった。だから、瀬古氏は服部も2時間5分で走れると言い切るのだ。そんなにうまくいくかどうかは分からないが、服部の実力は2時間7分台のものではないというのは納得がいく。

おすすめの記事