「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京五輪へ向け、現れた新星 服部勇馬の台頭で日本男子マラソン界は「4強」時代に①

2018 12/18 11:00鰐淵恭市
マラソンの足だけ,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

マラソン界に新星現れる

2年後に迫った東京五輪に向け、期待の新星が現れた。12月2日に行われた福岡国際マラソンで日本歴代8位の好タイムとなる2時間7分27秒で優勝した服部勇馬(トヨタ自動車)。2018年2月の東京マラソンで設楽悠太(ホンダ)、10月のシカゴ・マラソンで大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が日本記録を更新するなど、好記録に沸く日本男子マラソン界がさらに活気づいてきた。

スパートらしくないスパート

服部がレースの主役に躍り出たのは、36キロ過ぎだった。1キロ2分54秒にペースを上げて、トップ争いを繰り広げていた外国選手2人を置き去りにした。

「気づいたら後ろが離れていた」

そう服部が振り返るように、力感のあるスパートではなかった。むしろ、スパート前と同じようなフォームで力みのない走りだった。そこに、服部の成長があった。

おすすめの記事