「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

16年ぶりに日本新!男子マラソン界に新しい光りをもたらした設楽悠太(後編)

2018 3/6 17:34きょういち
マラソン,ランナー,日の出
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本記録は確実と確信」

2月25日に行われた東京マラソン。31キロ付近で先頭集団から後れた設楽悠太(ホンダ)だったが、そこからじわじわと追い上げた。38キロ付近で日本人トップを走っていた井上大仁(MHPS)を抜き去り、ケニア選手2人もかわした。そして、40キロでこう思ったという。

「日本記録は確実にいけると確信して、1億円がよぎった」

設楽が思った「1億円」とは何なのか。

日本記録更新で報奨金ゲット

通常、マラソンのトップ選手は大会に出場して得られる「出場料」、順位に応じて得られる「賞金」、また世界記録や大会記録を更新して得られる「ボーナス」などを大会側からもらえるが、設楽が思った1億円は大会側からもらうものではない。社会人の陸上を統括する日本実業団陸上競技連合からの報奨金である。

この報奨金制度は2015年に創設された。すでに開催が決まっていた2020年東京五輪に向けて、低迷の続く男子マラソンを活性化させるための報奨金だった。創設から3年、ようやく1億円を手にする選手が現れた。

40キロを過ぎると、沿道から「1億円だぞ、ガンバレ」という声援も聞こえてきたという。最後は日本記録更新が微妙かと思われたが、母校・東洋大のテーマ「その1秒をけずりだせ」のごとく粘り続け、日本記録を5秒更新する2時間6分11秒でゴールした。そして、その場に倒れ込んだ。

おすすめの記事