「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

94回目の箱根を制するのはどこか 有力校、注目選手をさぐる(6)

2017 12/30 20:31きょういち
マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ChiccoDodiFC/Shutterstock.com

94回目の箱根を制するのはどこか 有力校、注目選手をさぐる(5)

 今回で94回目を迎える箱根駅伝の区間エントリーが12月29日に発表された。レース当日に10区間のうち、最大4区間で補欠との入れ替えが可能。そのため、戦略的にエースが補欠に回っている大学もある。

 優勝候補と言われる青山学院大、東海大、神奈川大の区間配置はどうなったのだろうか。

Wエースの一角を補欠にまわした青山学院大

 4連覇を狙う青山学院大は、4年生のWエースとなる田村和希と下田裕太に注目が集まった。駅伝では外すことがなく、「駅伝男」の異名を取る田村は3区に配置されたが、フルマラソンで10代最高記録を持つ下田は補欠に回った。11月の全日本では足のマメの影響で本来の走りができなかった下田だが、力からすれば補欠の選手ではなく、当日の入れ替えでどこかの区間を走る可能性が高い。

 メンバーを見ると、1~5区の往路は区間エントリーのままでいく可能性が高そうだ。復路も6区の選手変更はなく、下田が走るのは7区以降になりそう。どこの区間に配置するかは、原晋監督の腕の見せどころだ。ライバル校のエントリーを見ながら、考えることになる。もちろん、下田がケガや体調不良で出られないようなら、青山学院大の4連覇に黄色信号がともることになる。

 Wエース以外を見ると、昨年度の全日本大学駅伝のMVPで3年生の森田歩希は各校のエースが集まる2区に配置された。山下りのスペシャリストである3年生の小野田勇次は予想通り6区に。昨年の優勝メンバーで4年生の梶谷瑠哉は補欠に。梶谷も下田同様、当日の変更で、どこかの区間を走る可能性は十分だ。

重要区間を「黄金世代」に任せた東海大

今季の出雲駅伝で優勝した東海大は、「黄金世代」と呼ばれる2年生が10区間中6区間を占めた。そして、配置を見ると重要区間を2年生が担うことになっており、東海大は2年生の走りが結果を左右することになる。

 まずは1~3区に黄金世代の2年生が配置された。序盤で有利な展開に持ち込む作戦だ。

 1区は2年生の中ででもトップの力を持つ関颯人が走る。前回大会は花の2区で13位に沈んだが、今大会はその雪辱を晴らせるか。2区は阪口竜平。全日本では走ることがなかったが、出雲では1区で区間賞を獲得しており、力は十分だ。3区は鬼塚翔太。前回の箱根や今季の全日本で1区を走るなど、これまで1区を走ることが多かったが、今回はたすきを受ける区間に回った。この3人が力通り走れば、初優勝に向けて視界が広がる。

 箱根駅伝を制するためには山上りの5区、山下りの6区が重要となるが、この区間にも2年生が配置された。5区は松尾淳之介、6区は中島怜利。この2人は予想通りの配置だ。アンカーとなる10区は川端千都が走る。前哨戦の全日本でもアンカーを走り、神奈川大に逆転されたが、短い区間が得意の東海大の中では長い距離が得意な部類に入る。

 東海大も有力選手が補欠に回っている。全日本7区で区間2位だった3年生の三上嵩斗と、黄金世代の中ででも屈指の実力を持つ館沢亨次だ。この2人は当日のエントリー変更でどこかの区間を走ると見られる。区間エントリーを見ると、4、8、9区あたりと変更の可能性が高そうだ。

おすすめの記事