東京マラソン2018に出場すれば応援したい男子エリート注目選手|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京マラソン2018に出場すれば応援したい男子エリート注目選手


東京マラソン2018で復活を果たしたい五ヶ谷宏司選手

五ヶ谷宏司(ごかや こうじ)選手は1988年生まれ、千葉県の専修大学松戸高等学校から専修大学に進み、JR東日本に入社した。専修大学では4年間とも箱根駅伝に出場している。
JR東日本に入社後は、積極的にマラソン大会への出場を試みた。2011年びわ湖毎日マラソンで初マラソン2時間12分07秒のタイムを出し新人賞を獲得すると、2013年北海道マラソンでは2時間14分26秒で初優勝に輝いた。

東京マラソンには2012年大会に初めて出場して26位だったが、2015年大会では自己新となる2時間09分21秒で走り、日本人3位、全体でも11位の成績を残した。しかし2016年と2017年に出場した際は、47位、22位と満足な結果は残せていない。
2020年東京オリンピック代表選考予選会として指定された“東京マラソン2018”で復活を果たしたい。

2017年大会の雪辱を果たしたい東京マラソン2018深津卓也選手

深津卓也選手は1987年生まれ、群馬県の東京農業大学第二高等学校から駒澤大学に進み、2010年旭化成に入社した。大学時代には1年生より大学三大駅伝で活躍して、2006年の全日本大学駅伝では7区で区間賞、2008年の箱根駅伝では8区で区間賞を獲得など、駒澤大学の優勝に貢献した。

2015年の長野マラソンに初出場で2時間11分48秒の好タイムを出し4位入賞すると、2016年びわ湖毎日マラソンでリオオリンピックに挑戦したが、2時間09分31秒で日本人3位となり、夢は果たせなかった。
東京マラソンは2017年大会に出場したが、2時間19分37秒で51位という成績に終わっている。東京マラソン2018では雪辱を果たしたい。

東京マラソン2017で日本人3位、2018年も期待したい設楽悠太選手

設楽悠太選手は1991年生まれ、埼玉県の武蔵越生高等学校から東洋大学に進み、ホンダに入社した。大学では1年生より大学三大駅伝全てに起用され、12回の出場で区間賞を5回獲得している。
特に最後の箱根駅伝2014では3区を走り、2位でもらったタスキを1位で渡し、東洋大学の優勝に貢献した。

ホンダに入ってからは、2015年世界陸上に10000mで出場を果たすと、2016年には日本選手権10000mで3位に入り、リオオリンピック代表に選出された。東京マラソンには2017年に出場し、2時間9分27秒で全体11位、日本人では3位の成績を収めたが、これが初めてのマラソンだった。
9月にはベルリンマラソン2017に出場、2時間09分03秒で走り、自己記録を更新している。

課題のラスト5kを克服してタイムを縮めたい服部勇馬選手

服部勇馬選手は1993年生まれ、宮城県の仙台育英学園高等学校から、東洋大学に進学して2016年トヨタ自動車に入社した。東洋大学では1年生から大学三大駅伝に起用され、出雲駅伝で1度、全日本大学駅伝と箱根駅伝ではそれぞれ2度の区間賞に輝いている。
特に箱根駅伝では2年生からエース区間の2区を任され、2014年度、2015年度連続で区間賞を獲得した。

初マラソンとなった東京マラソン2016では2時間11分46秒で12位に入り、2017年大会では13位と順位は下げたものの、2時間09分46秒とタイムは2分も縮めている。東京マラソン2018では課題だというラスト5kを克服すれば、もっとタイムは縮まるのではないか。

東京駅伝2018では2時間10分切りでオリンピックに近づきたい今井正人選手

今井正人選手は1984年生まれ、福島県立原町高等学校から順天堂大学に進み、2007年トヨタ自動車九州に入社した。順天堂大学では、1年生で箱根駅伝2004の2区に起用され10位の走りを見せると、2年生では5区を任され、15位で受けたタスキを4位まで上げる11人抜きの快走で金栗杯を受賞して、後年山の神と賞賛された。
その後2006年、2007年も5区の区間記録で3年連続金栗杯に輝いている。

マラソン初挑戦となった2008年の北海道マラソンは、2時間18分34秒と平凡なタイムに終わったが、2014年の別府大分毎日マラソンで2時間09分30秒で2位、2015年の東京マラソンで2時間07分39秒のタイムを出し、7位に入る活躍で一流ランナーの仲間入りを果たした。
2016年、2017年の東京マラソンでは2時間10分は切れなかったものの、13位、14位と見事な成績を残している。 東京マラソン2018は2020年東京オリンピック代表選考会の予選会に指定されている。ここで、かつてのパフォーマンスを期待したい。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

4/24 22:13更新

パ・リーグ

4/24 22:13更新

交流戦

オールスター

クライマックスシリーズ

日本シリーズ

4/24 22:13更新

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!