「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ニューイヤー駅伝2018】優勝候補はどこか有力チームを予想する

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国6地区代表37チームによる実業団日本一決定戦

ニューイヤー駅伝は正式には全日本実業団対抗駅伝競走大会といい、1957年に第1回大会が開催された。会場や日程はこれまで何度か変更になったが、現在では、新春1月1日に群馬県で行われている。
コースは群馬県庁前をスタートして伊勢崎、桐生に向かい群馬県庁に帰ってくる7区間100㎞に設定されている。

出場チームは全チーム予選からの勝ち上がりとなり、全国6地区から勝ち上がった37チームによって争われる。外国人選手の出場は各チーム1名以下、2区でのみの起用に決められている。ここ数年はトヨタ自動車、コニカミノルタ、日清食品グループ、旭化成が優勝争いを繰り広げている。

2017年大会を22回目の優勝で制した旭化成

2017年第61回大会では、過去21回の優勝を誇る旭化成が3連覇のかかったトヨタ自動車を下し22回目の優勝を飾った。1区から5区に10000m27分台の選手をそろえ、7区にはリオオリンピック代表の佐々木悟選手を起用した旭化成の前評判は高かった。しかし、レースでは思わぬ苦戦を強いられる。

1区の10000m日本記録保持者村山紘太選手がまさかの13位と出遅れると、外国人選手が多い2区では鎧坂哲哉選手は区間25位の走りで20位まで後退した。
それでもここから11位、5位と順位を上げ、5区の村山謙太選手が区間賞の走りで首位に立つと、6区の市田宏選手が区間新で首位を堅守、7区につないで佐々木選手が逃げ切った。

おすすめの記事