「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】2年ぶりの出場で古豪復活の兆しが見える中央大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

連続出場が87回で途切れた箱根駅伝2017予選会

中央大学は箱根駅伝2017の予選会を11位に終わり、本戦には出場できなかった。この予選敗退で連続出場は87回で途切れ、一つの歴史に終止符が打たれた。

とはいえ、連続出場87回、出場回数90回、総合優勝14回は最多を誇り、そのほかにもシード回数51回は最多タイ、連続シード権獲得は28回とこれまでに積み上げた数々の戦歴が色あせることはない。 しかしここ数年の中央大学にかっての勢いがなかったこともまた事実だ。

連続シード権が28回で途切れた2013年大会

中央大学のここ数年の失速は、2013年大会のシード権喪失から始まった。この大会には前年8位の成績でシード校として出場したが、レース序盤から様子がおかしかった。

1区は9位とまずまずの走りだった。しかし2区の2年生新庄翔太選手が変調をきたし3区手前で転倒を繰り返すと19位まで後退した。3区で18位に順位を上げるも、4区も18位のまま5区の4年生野脇勇志選手に襷が渡った。

野脇選手はよく頑張って15位まで順位を上げたが、坂を上り切ったあたりで突然低体温症状に陥り走れなくなった。ここで棄権をやむなくされシード権連続獲得は28回で途切れた。

おすすめの記事