「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】予選会から優勝へ、復活を目指す山梨学院大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

優勝を目標に臨んだ箱根駅伝2017

山梨学院大学は、箱根駅伝2017には前年8位の成績でシード校として出場した。1987年第63回大会の初出場から31年連続出場を継続中で、過去3回の優勝に輝いているが、ここ数年はシード権当落線上の10位前後に定着している。

2016年シーズンは、出雲駅伝で2位、全日本大学駅伝では3位と、かっての強さが戻ってきた。大学三大駅伝シーズン最終戦となる箱根駅伝2017では、優勝を目標に掲げて試合に臨んだ。

しかし、1区を任された4年生伊藤淑記選手の様子がおかしい。徐々に集団から離され始め、5㎞付近で失速すると20位で中継点までたどり着いた。

全員が失速して失ったシード権

2区ではケニアからの留学生のドミニク・ニャイロ選手が襷を受けとった。昨年も2区を走り区間2位の記録を出している。当然ごぼう抜きが期待されたが、区間9位の記録で順位も18位にとどまった。その後も各区間平凡な記録に終わり、16位で往路を終えた。

復路、1位青山学院大学とは8分11秒差でスタートを切った。シード圏内の10位日本大学とは2分1秒差、逆転できない時間差ではない。しかし各区間調子が上がらず、9区では繰り上げスタートになってしまう。最終成績は往路16位、復路が18位、総合は17位という厳しいものだった。

おすすめの記事