「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】箱根駅伝の経験者多数で上位争いも可能!拓殖大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

2区で10人抜きを演じるも14位に終わった1日目

箱根駅伝2017に拓殖大学は、予選7位の成績で出場した。4年連続38回目の出場となるが、初出場は1933年第14回大会と歴史は古い。その後廃部なども経験し、歴史の割に出場回数は多くない。

これまでの最高成績7位を更新できそうなチームができたが、「ようやった」と言われるような走りができればと大会に臨んだ。

1区では3年生の西智也選手が14位ながら、1位とは47秒差の走りを見せた。2区ではエチオピアからの留学生2年生のワークナー・デレセ選手が区間2位で、10人抜きを演じ4位に浮上した。

しかし3区の2年生今滝 春彦選手が区間20位と沈み17位まで後退すると、4区で10位まで立て直したものの往路は14位で1日目を終えた。

終盤の勝負所で追い込めず総合14位でシード権を逃がす

14位スタートとなった復路では、下りの6区を任された2年生の馬場祐輔選手が区間7位の走りで12位まで順位を上げた。この時点で10位を走る帝京大学とは1分3秒差しかなく、まだシード権獲得のチャンスは残されていた。

しかし7区以降が思いどおりに走れない。8区13位、9区14位と後退し、最終10区は1年生の赤崎暁選手が区間12位と踏ん張りを見せたが、結局14位で大会を終えた。往路14位、復路15位、総合14位の成績だった。

おすすめの記事