「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】雪辱なるかシード権に一歩届かなかった帝京大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

バランスの取れたチームでシード権目標に臨んだ箱根駅伝2017

箱根駅伝2017に帝京大学は、前年10位の成績でシード校として出場した。箱根駅伝への初出場は1998年の第74回大会と日は浅いが、今回で連続10年18回目の出場となる。

ここ数年は、シード権を取ったり逃がしたりのシーズンが続いている。今年は下級生主体の編成ながら、上級生と下級生のバランスが程よく取れたチームに仕上がり、2年連続シード権を目標に大会に臨んだ。

1区では2年生の竹下凱選手が7位と、まずまずのスタートを切った。2区、3区、4区とそれぞれが実力を出し5区には4位でつないだが、5区に抜擢された3年生の佐藤諒太選手が重圧からか区間18位の走りで、11位と大きく順位を下げた。

総合11位で逃がしたシード権

復路はシード権をにらみながらのレースとなった。6区の2年生横井裕仁選手が区間9位の走りで10位に浮上すると、7区の1年生岩佐壱誠選手も区間8位と踏ん張り10位を維持した。

8区で11位に後退すると、9区では1年生の平田幸四郎選手が区間8位で走ったものの、現状維持が精いっぱいで10区のキャプテン4年生の加藤勇也選手にすべてを託した。

しかし加藤選手は区間19位と追い上げは叶わず、11位のままレースは終わった。 往路11位、復路12位、総合11位でシード権獲得はならなかった。

おすすめの記事