「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】優勝争いの本命に浮上黄金世代パワー東海大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

1年生8名のエントリーで臨んだ箱根駅伝2017は往路で失速

東海大学は箱根駅伝2017には前年5位の成績でシード校として出場した。4年連続44回目の出場だが、2013年の不出場から2014年13位を経てこの2年間は6位、5位と上向いている。今回は3位以内を目標に大会に臨んだ。

この大会は、エントリーメンバーの16人中8名を1年生が占めるフレッシュな陣容となった。勢いをつけたい1区に起用された1年生の鬼塚翔太選手は、区間2位の走りで、やはり1年生の關颯人選手に襷を渡した。

しかし、關選手以下往路の選手は調子が上がらない。ずるずると順位を下げ、3位はおろかシード権も危ない15位で1日目を終えた。

往路の失速をカバーした上級生

復路の出だし6区では、1年生の中島怜利選手が区間8位の走りを見せると、7区では4年生の石橋安孝選手が区間賞で11位まで順位を上げた。

シード圏内の10位が見えた8区では3年生の春日千速選手が区間5位の走りで10位に上がると、9区3年生の川端千都選手、10区4年生の林竜之介選手ともよく走り10位を確保してシード権を手に入れた。

往路は15位ながら復路を4位と頑張り、総合では10位の成績だったが、1年生を4人投入した往路で結果を出せず、長距離駅伝の難しさを教えてくれた大会となった。

おすすめの記事