「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】再び優勝争いに加われるか昨年9位駒澤大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

優勝争いを目標に臨んだ箱根駅伝2017

箱根駅伝2017、駒澤大学は前年3位の成績でシード校として出場した。この5年間の成績は優勝こそないものの、常に2位と3位を確保しているため、優勝争いには絡みたいところだ。大八木弘明監督も、全日本大学駅伝が終わった後のチーム状態に手ごたえを感じていた。

往路1区を4年生の西山雄介選手が6位でスタートを切ると、2区では3年生の工藤有生選手が3位に順位を上げた。しかし、3区で5位、4区では9位に後退してしまう。

そして迎えた往路最大の見せ場「登りの5区」、ここで4年生大塚祥平選手が区間賞の走りを見せる。4人抜きの快走で往路順位を5位まで上げた。

想定外の展開で優勝争いのつもりがシード権争いに

復路は出だしの6区から想定外の展開になった。2年生物江雄利選手が6区18位の大ブレーキとなってしまい、総合でも9位に後退してしまう。7区と区も区間12位と10位、総合でも9位から動かず、態勢を立て直せないままレースは後半を迎えた。

後半の勝負所となる9区23.1㎞と10区23㎞は、2年生の片西景選手と堀合大輔選手が任された。9区の片西選手は10位から16秒差、11位からは18秒差とシード争いも過激な9位でタスキを受け取ったが、区間4位の力走を見せ8位に順位を上げた。

10区の堀合選手は区間6位だったが、一つ順位を下げて9位のフィニッシュとなったものの翌年大会のシード権は手に入れた。

おすすめの記事