「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】黄金世代の活躍で2年連続シード権を狙う法政大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

穴のないチームでシード権奪還を狙った箱根駅伝2017

法政大学は、箱根駅伝2017には予選会4位の資格で出場した。2年連続77回目の出場となったが、ここ数年は2013年の9位が最高で、2016年は19位、2012年と2015年は出場できていない。

今回は1年生に力があり、穴のないチームが出来上がって平均タイムもよくなった。2013年大会以来のシード権奪還を目標に大会に臨んだ。

往路には4年生を3名投入して先手必勝を図ったが、1区で9位、2区で13位と思うに任せない。4区で8位まで順位を上げるものの、5区で再びシード圏外に後退して往路は12位で1日目を終えた。

黄金世代1年生の活躍でシード権獲得

復路には4年生1名、3年生1名、2年生1名に1年生を2名投入した。すると6区の1年生佐藤敏也選手が快走を見せる。

下りのスペシャリスト、日本体育大学の秋山清仁選手から51秒遅れの区間3位で走り、8位にまで順位を上げた。もう一人の1年生青木涼真選手は、8区を走り区間9位の走りで総合8位を堅守した。

シード権への正念場となる10区では、2年生の東福龍太郎選手が区間5位の走りでゴールし、総合8位ながらシード権を獲得した。

おすすめの記事