「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】3年連続シード権獲得なるか日本体育大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年シーズン新チームのメンバーそれぞれの活躍

箱根駅伝2017の復路3位の成績は4年生の活躍が大きかった。特に6区を走った秋山清仁選手は下りのスペシャリストと言われ、2年連続区間新を更新して金栗四三杯を獲得した。頼りになる4年生が抜けた新チームの挑戦が始まった。

5月の関東学生陸上競技対校選手権大会では、5000mで4年生になった吉田亮壱選手が14位の走りを見せると、ハーフマラソンでは4年生の城越勇星選手が3位入賞を果たし、4年生の住田優範選手が13位に食い込んだ。

インターカレッジでは4年生の吉田亮壱選手が10000mで10位に入る活躍を見せている。

箱根駅伝2018の中心選手候補4年生の城越勇星選手

4年生の城越勇星選手は、愛知県の県立豊川工業高等学校の出身だ。高校時代は全国高校駅伝2013に出場して、2区を走り区間9位の記録を残している。

箱根駅伝への初出場は2年生の2016年だったが、4区で起用され区間8位の走りを見せた。3年生の箱根駅伝2017では7区で区間2位の力走を見せ、チームを上位争いに押し上げた。

区間ベスト3の走りを見せたのは、3年生以下では城越選手1人だった。2017シーズンでは関東学生のハーフマラソンで3位に入るなど、箱根駅伝では中心選手になりそうだ。

おすすめの記事