「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】3年連続シード権獲得なるか日本体育大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

箱根駅伝2017好不調の波の影響か、往路は不調の13位でゴール

日本体育大学は箱根駅伝2017には前年7位の成績でシード校として出場した。今回で69年連続69回目の出場となり初出場から1度も中断がなく出場して、優勝も10回経験しているが、最近は好不調の波が大きい。

2012年19位の翌2013年には優勝を飾ったかと思えば、2015年には15位とシード権を落としている。上級生の調子も上がり3位争いを目標に大会に臨んだ。

好位置をキープして波に乗りたい1区には、4年生の小松巧弥選手を投入したが13位と出遅れてしまう。2区の3年生小町昌矢選手も乱調で、17位まで順位を下げた。それでも3区の3年生吉田亮壱選手が、区間4位の走りで持ち直すと往路は13位でゴールした。

復路は好調の3位で巻き返しシード権獲得

往路13位で3位争いはおろか、シード圏外からのスタートとなった復路では、6区の4年生秋山清仁選手が区間新記録を達成、6人抜きの快走で7位まで順位を上げた。

続く7区の3年生城越勇星選手も、区間2位の走りで5位に躍進して上位争いに顔を出した。この時点で1位青山学院大学とは5分2秒差つけられていたが、3位の東洋大学とは52秒差と完全に圏内にとらえていた。

しかし、8区の1年生中川翔太選手が区間12位、9区の2年生室伏穂高選手が区間14位と振るわず、9位まで後退してシード権が心配になった。

全ては10区に委ねられたが4年生キャプテン小野木俊選手が区間2位とよく走り、7位まで順位を上げた。往路13位ながら復路3位、総合7位で上位争いの力があることを証明した。

おすすめの記事