「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】過去最高3位以上が目標か新進気鋭中央学院大学

2017 11/10 12:24hiiragi
男子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

個性を生かした練習で結果を残す

中央学院大学は、箱根駅伝2017には前年9位の成績でシード校として出場した。箱根駅伝への初出場は1994年の第70回大会とまだ新しいが、今回の大会で15年連続18回目と最近では常連校に定着した。

「高校の一流選手は本校に来ない」と言う川崎勇二監督は、選手それぞれの個性を生かした練習メニューで、学年が上がるにしたがって着実に実力を伸ばせるように育ててきた。

前回9位、前々回8位と2大会連続シード権も確保してきた。今回は最低でもシード権確保、目標をもう一つ上のベスト5に置いて大会に臨んだ。

往路復路とも安定した走りで総合6位

1区では3年生の大森澪選手が、区間8位ながら1位とは22秒差の力走を見せた。しかし2区では1年生高砂大地選手が、区間15位の走りで14位まで順位を下げる。

3区で13位、4区で11位と盛り返し、登りの5区では3年生細谷恭平選手が区間3位の快走で4人を抜き去り、往路は7位とまずまずの順位でゴールした。

1位から4分35秒遅れでスタートした復路では、全員が安定した走りを見せ7位をキープすると、最終10区では4年生の村上優輝選手が区間3位の力走で6位に順位を上げてゴールした。

往路7位、復路8位、総合6位は目標の5位には及ばなかったものの、2018年に期待が持てる結果となった。

各学年が平均した力をつけて楽しみな2017年シーズン

箱根駅伝2017では各学年からまんべんなくメンバーを選出している。新チームから抜ける4年生は2名と少なく、新チームを引っ張る3年生3名、これから力をつけるであろう2年生以下が5名もいた。順調に力をつければ箱根駅伝2018では期待ができるチームになりそうだ。

2017年シーズンになると、5月の関東学生陸上競技対校選手権大会2部では10000mで4年生の大森澪選手が11位、2年生の高砂大地選手が19位に入る走りを見せ、ハーフマラソンでは4年生の細谷恭平選手が3位、3年生の市山翼選手が6位に入るなど力をつけてきた。

1区のスタートダッシュに期待4年生副キャプテン大森澪選手

4年生の大森澪選手は、大阪の関西大学北陽高等学校の出身で高校時代は2度全国高校駅伝に出場した経験を持つ。

大学1年生では全日本大学駅伝で5区に抜擢されたものの、区間18位の走りに終わっている。2年生になると三大駅伝全てに出場し、箱根駅伝2016は2区で区間10位だった。3年生の箱根駅伝2017では、1区を任され1位と22秒差の区間8位で勤めは果たした。

2017年シーズンは副キャプテンに指名され、キャプテンの新井翔理選手と共にチームを引っ張る。箱根駅伝2018でも1区を任されスタートダッシュができれば、面白い存在になるだろう。

2区の区間賞目指して頑張る2年生高砂大地選手

2年生の高砂大地選手は大森澪選手と同じ関西大学北陽高等学校の出身で、高校3年生の全国高校駅伝に1区を走り7位の実績がある。

大学では1年生の出雲駅伝で6区を走り3位、全日本大学駅伝では4区を走り3位の実績を残し、上位入賞に貢献した。箱根駅伝2017も期待されて2区を任されたのだが、区間15位と思うような結果は残せなかった。

しかしこの出場は、彼にとっていい経験になったはずだ。いつかは2区で区間賞が取れるよう、練習に励んでいる。

関連記事

おすすめの記事