「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2018】青山学院大学の4連覇はあるのか

2017 11/10 12:24hiiragi
ランナー 日本人 男
このエントリーをはてなブックマークに追加

完全優勝の3連覇とシーズン3冠をかけて迎えた箱根駅伝2017

箱根駅伝2017に青山学院大学は、前年の優勝でシード校として出場した。9回連続22回目の出場となったこの大会には、往路復路共に制する完全優勝の3連覇と、大学三大駅伝の2016年シーズン3冠がかかっていた。
1区はまれにみる大混戦となった。1位は東洋大学の服部弾馬選手がとり、青山学院大学の2年生梶谷瑠哉選手は4位ながら、1位と4秒差で襷をつないだ。
2区は2位の通過となったが、3区の区間賞で1位を奪い以降はトップを譲らず往路は2位早稲田大学に33秒差の1位でゴールした。

余裕の走りで箱根3連覇とシーズン3冠を達成

復路では往路に比べると楽な展開となった。6区を走った2年生小野田勇次選手が、33秒差でスタートした早稲田大学を2分8秒まで広げたのだ。
7区で3年生田村和希選手が少し差を縮められたが、8区を任された3年生下田裕太選手が区間賞の走りで2位を5分32秒引き離すと、9区、10区も危なげのない走りで優勝を勝ち取った。
2位には9区で早稲田大学を逆転した東洋大学が入り早稲田大学は3位だった。この優勝で箱根完全優勝3連覇、大学駅伝シーズン3冠に輝き2017年シーズンは各大学の目標となった。

おすすめの記事