「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全日本大学駅伝で異次元の走りを見せる外国人留学生選手

2017 9/13 14:03hiiragi
外国人ランナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

4年連続区間賞初代大学駅伝留学生山梨学院大学ジョセフ・オツオリ選手

ジョセフ・オツオリ選手は1987年ケニアから来日、1988年山梨学院大学に入学した。
大学3大駅伝への出場は、丁度その年から11月開催に変更された1988年全日本大学駅伝20回大会からとなる。当時の1区15.1㎞を走り43分01秒の区間新記録で注目を集めた。1989年21回大会からは8区を任され1991年23回大会まで3年連続区間賞を獲得、山梨学院大学の上位入賞の原動力となった。
ジョセフ・オツオリ選手は、大学3大駅伝において4年間で10度区間賞を獲得している。あまりの強さに留学生を疑問視する声も出て、社会現象になったほどだ。

2区の区間新記録で優勝に貢献、日本大学ディラング・サイモン選手

日本大学は1970年1回大会からの出場校で、通算出場回数39回、優勝回数3回の強豪チームだ。
2回目の優勝となった2005年37回大会は、1区を6位と出遅れるものの2区でタスキを受けたケニアからの留学生ディラング・サイモン選手が異次元の走りを見せる。当時の区間新記録となる37分46秒で5人抜きを演じ首位に躍り出た。
この快走を受け、日本大学は3区以下一度も首位を譲らず優勝に輝いた。
ディラング・サイモン選手は2004年36回大会でも2区を走り区間賞を獲得、日本大学2位入賞の原動力となったが、2006年の箱根駅伝を最後に大学駅伝には姿を見せていない。

おすすめの記事