「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現地に行って応援しよう!全日本大学駅伝のお勧め応援スポット

2017 9/13 14:03hiiragi
伊勢おはらい町通り
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタート地点名古屋市熱田神宮西門前

2017年49回大会は、朝8時5分熱田神宮西門前の伏見通り(国道19号線)から参加27チームが一斉にスタートする。アクセスは地下鉄「神宮西」駅2番出□から徒歩3分、名鉄「神宮前」駅、JR「熱田」駅からでも徒歩10分と交通の便もいい。
熱田神宮は日本武尊(やまとたけるのみこと)が退治したヤマタノオロチの中から出てきたと言われている草薙剣をご神体とする神社で、113年の創建とされる古社。約6万坪の境内を持ち、宝物館には6000点以上の収蔵品が展示されている。
選手のスタートを見送った後、熱田神宮に参拝すれば応援するチームに御利益があるかもしれない。

第3中継所四日市市六呂見山九(株)四日市支店海山道倉庫前

3区は9.5㎞と一番短く、各チームスピードランナーを投入してくる。
その3区から4区への中継点となる第3中継所は名四街道(国道23号線)の山九(株)四日市支店海山道倉庫前に設定されている。徒歩だと近鉄名古屋線「海山道」駅から約10分で行ける。
3区の途中で応援したいのなら中間点近くの霞ケ浦緑地公園もいいが、少し手前の浜園公園だとJR関西本線の「富田浜」駅から10分ほどで行ける。ただし、電車の本数が少ないので、注意が必要だ。
第2中継所の先頭予想通過時刻が9時27分だから、この時間を目安にすれば遅れることもないだろう。

おすすめの記事