「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大学駅伝日本一はどこか!2017年全日本大学駅伝の見どころと概要

2017 9/13 14:03hiiragi
伊勢神宮
このエントリーをはてなブックマークに追加

1970年初めての大学駅伝全国大会として創設

「全日本大学駅伝」の第1回大会は1970年3月1日に行われた。当時、大学駅伝の大きな大会は関東学生陸上競技連盟が主催する「箱根駅伝」しかなく、全国の大学が同じステージで競い合い、大学日本一を決められる大会は存在しなかった。

そこでできたのがこの大会だ。地元東海学生陸上競技連盟と朝日新聞名古屋本社主導の下で開催された。1回大会には20チームが集まり、8区間118㎞で争われ、日本体育大学が初代優勝校に輝いた。

「箱根駅伝」は毎年1月2日と3日に行われ、駅伝ファンならずとも関心の高い一大イベントだ。歴史を見ても第1回大会は1920年(大正9年)と古い。それ故に大学男子駅伝の全国大会と思われがちだが、実は関東学生陸上競技連盟(関東学連)主催で開催される地方大会なのだ。従って出場校は関東学連に加盟している大学だけに限られる。

出場チーム数、コース長変遷の歴史

初回3月だった開催日は2回大会からは1月中旬に変更され、1988年20回大会からは現行の11月第1日曜日に変更された。
回を追うに従い、出場チームも増加する。

・1988年20回大会からは関東枠を増やし23チーム。
・1999年31回大会からはさらに関東枠を増やし25チーム。
・2006年38回大会からは東海学連選抜がオープン参加で26チーム。
・2015年47回大会から全日本大学選抜がオープン参加になり27チーム。

コースと区間も変更になっている。

初回8区間118㎞から8区間109㎞の時代や7区間108.9㎞の時代を経て、1992年24回大会から8区間106.8㎞に落ち着いた。
9回大会まではコース途中の踏切で前半と後半に分断されていたが、立体交差化によってレースが1本化されたのも大きな変化だった。

おすすめの記事