「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

出雲駅伝の歴代優勝大学の優勝回数ランキング

2017 8/25 10:07hiiragi
優勝カップ
このエントリーをはてなブックマークに追加

1位・5連勝含み6回優勝、山梨学院大学

山梨学院大学は第3回大会から7回大会までの5連勝を含み、計6度の優勝に輝いている。第1回大会では3位に入りシード権を獲得すると、第2回大会でも3位に入り、第3回大会で初優勝を果たした。
1991年に行われた第3回大会は、前年2位の早稲田大学が箱根駅伝での推薦枠を逃がし、シード枠で出場。それに加え招待校として上海体育大学とサンフランシスコ大学が参加したため、歴代最多の23校での争いとなった。
当時の山梨学院大学ではケニアからの留学生として、ジョセフ・オツオリ選手、ケネディ・イセナ選手を受け入れていた。2人の活躍もさることながら、刺激を受けた日本人部員たち全員とでつかんだ初優勝だった。

2位・第1回大会優勝合わせ5回優勝、日本大学

日本大学は1989年第1回大会を制するとともに、15回、16回と20回、21回の2度の連覇を成し遂げ計5勝を挙げている。
第1回大会は平成元年に「平成記念出雲くにびき大学招待クロスカントリーリレーフェスティバル」として岩国市が誘致、開催された。浜山公園陸上競技場をスタート地点として、浜山公園陸上競技場までの6区間42.6kmで行われ、中継点での引継ぎはタスキを使わないタッチで行うスピードレースだった。
日本大学は1960年代箱根駅伝で活躍した古豪。1989年復活の5位から1990年優勝を狙えるチームでの出雲駅伝第1回の制覇だった。

おすすめの記事