「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本陸上2017まとめ、男子短距離(100m)劇的な結果の決勝戦

2017 8/25 10:07hiiragi
リオオリンピック ボルト
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界陸上参加標準記録突破者5名のサバイバルゲーム

2017年6月24日、日本陸上競技選手権大会会場のヤンマースタジアム長居は、男子100mの決勝を迎え大いに盛り上がっていた。8月にロンドンで行われる世界陸上競技選手権大会への参加標準記録10秒12をクリアした選手が5人もいたのだ。
10秒04の桐生祥秀選手を筆頭に、10秒06の山縣亮太選手、前日の予選、準決勝と10秒06で勝ち上がったサニブラウン アブデルハキーム選手、予選で10秒08をマークしたケンブリッジ飛鳥選手、6月の日本学生陸上競技個人選手権で10秒08の優勝を飾った多田修平選手と全員が10秒0台という高水準。
誰が勝ってもおかしくない。当然日本人初の9秒台の記録も期待された。

4番目の男、多田修平選手

しかし、最初からここまで盛り上がっていたわけではない。エントリー締め切りの5月29日時点では、10秒12を切っていた選手は3人しかいなかった。桐生選手、山縣選手、ケンブリッジ選手の3人だ。この3人は2016年リオオリンピックで銀メダルに輝いた4X100mリレーのメンバーだ。実績からしても、資格記録からしてもこの3人が3着までを占め、世界陸上選手権への切符を手に入れるものだと思っていた。
ところが、締め切り後の6月10日に行われた日本学生陸上競技個人選手権の準決勝で多田選手が追い風参考ながら9秒94を出す。追い風とはいえ国内での10秒切りは初めての快挙だ。勢いそのままに決勝では10秒08を出し、3人の中に割って入った。
※追い風参考(風速が追い風2.0m/sを超えると各種大会の順位付けはあるが、公認記録としては認められず「参考記録」となる)

おすすめの記事