「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

激しい戦いが起こす奇跡。陸上競技界の信じられない出来事を紹介

2017 7/10 10:25TANANA
2016年夏季オリンピック男子4×100mリレー決勝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Denis Rozhnovsky/ Shutterstock.com

限られた時間内で、栄光を目指して激しい戦いが繰り広げられる陸上競技。 極限を越えたプレーの1つ1つは、時に観衆の想像を超える信じられない奇跡を生み出すこともある。 今回は、陸上競技界において起こった数々の奇跡的な出来事などを紹介する。

女子陸上界のパイオニアとして奇跡を起こした人見絹枝さん

国内において女子が陸上競技に参加することに対し、厳しい偏見の目で見られていた時代、人見絹枝さんはそれを跳ね返す奇跡を起こした。
1928年のアムステルダムオリンピックでは、女子選手の陸上競技への参加が初めて認められたが、日本の女子で参加したのは、それまで着実に実績を残していた人見さんただ一人だった。個人種目すべてに参加した彼女は、800mで銀メダルを獲得、歴史に残るオリンピック陸上競技女子メダリスト第1号となったのだ。
しかしその3年後、病に倒れて24歳という若さで他界。彼女は後の女子陸上選手に道筋を作ったという意味で奇跡と伝説を残した。

テレビで活躍中のあのタレントも奇跡を起こしていた!

肉体派タレントとしてテレビで活躍中の武井壮さんも、アスリートとして陸上競技界で奇跡を起こしたことがある。 大学生時代から陸上を始めた彼は、1997年の十種競技国内大会において、競技歴わずか2年半で優勝するなど活躍した。しかし、競技中に大けがをし、一時は「下半身不随」の診断を下される。一生歩けなくなるかもしれない事態に直面したが、本人は強靭な意志でリハビリに励み、その結果わずか2ヶ月で歩けるようになる奇跡を起こした。
その後もマスターズ陸上競技において、40代でリレー競技に出場して優勝するなど、今なお奇跡を起こし続けている。

おすすめの記事