「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大学職員が目指す世界No.1!アーチェリー古川高晴選手の功績

2016 12/2 01:42
アーチェリー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.asahi.com/

先のリオデジャネイロを含め、4度のオリンピック出場を誇るアーチェリーの古川高晴選手。ロンドンの銀メダルの鮮烈なイメージがあるが、普段は大学職員という顔も持っている。 「1日に10時間射ち続けても飽きない」という古川選手の素顔と、アーチェリーで築いた功績に迫ってみた。

アーチェリーとの出会いは高校時代

アーチェリーの古川高晴選手は1984年生まれ。青森県出身の寡黙な青年がアーチェリーと出会ったのは高校時代だ。 元々は弓道を志していた古川選手だが、進学した青森東高校には弓道部がなく、 「同じ弓だから」という、どちらかといえば軽いノリでアーチェリーを始めたそうだ。
しかし、程なくアーチェリーの魅力に取り憑かれた古川選手は「練習の鬼」と化する。 朝は毎日7時半から自主練を開始し、放課後は的が見えなくなるまでひたすら矢を射ち続けた。 それだけではなく、元来口数が少ない古川選手が教室で話すのはアーチェリーのことばかり。 同級生で、現在は青森東高校アーチェリー部の顧問を務める小中智佳子教諭も、そう証言している。
こうした努力が実り、高校3年時の2002年にはジュニア選手権に出場、高知国体では見事優勝を果たした。

大学進学、初の五輪出場を果たした「練習の鬼」

青森東高校を卒業した古川選手は近畿大学に進学。1年時の2003年から全日本王座決定戦に出場した。 翌年開催されたアテネオリンピックにも出場し、個人で2回戦進出、団体で8位の成績を残した。 これらもやはり重ねに重ねた練習の賜物だ。いつまでも1人残って矢を射ち続けるため、冬になると近畿大学の練習場には古川選手専用のストーブが出されたそうだ。
自らも「ストレスは練習で晴らす」と公言するほど練習好きで知られる古川選手は、私生活でもアーチェリーマニアといわれている。 アーチェリーの技術論や魅力といった話題になると話が止まらないばかりか、休日にはアーチェリーのショップ巡りをして弓具の製作に時間を費やす生活ぶりだそうだ。 古川選手が打ち立ててきた功績には、アーチェリーに対する一途な姿勢が土台となっていることがよく分かるエピソードだ。

おすすめの記事