「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アメフトのポジションの役割を紹介

2016 12/1 16:42
アメリカンフットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディフェンシブチームのポジションの特徴

ディフェンシブチームの中でも3つのポジションに分かれます。 1つはディフェンシブラインで、相手のオフェンシブラインに対して全力でタックルするため、ディフェンスの中でも大柄の選手が担当し、相当な体力が要求されるポジションでもあります。 2つ目はラインバッカーで、ディフェンシブラインの後方でパスやランを食い止める役割をするため、ディフェンスの要となる重要なポジションとなります。
3つ目はディフェンシブバックで、後方やサイドを担当し、相手のパスやランをブロックする役割を果たしています。

スペシャルチームのポジションの特徴

スペシャルチームとは、キッカーやパンターなどを担当する選手のポジションです。 最も重要となるのがキッカーを担当する選手で、フィールドゴールを任されているため、キック力や正確さを求められます。チームによっては専門の選手を置くように、誰でもできるポジションではありません。
パンターはボールを相手陣内に奥深くまで押し込む役割を果たします。こちらのポジションも、キッカーと同様に特殊な能力が求められるため、専門のパンターを用意しているチームもあります。

それぞれのポジションが役割を果たすことでチームとなる

攻撃から守備、またキッカーやパンターなどのそれぞれのポジションには、それぞれの役割があります。担当している選手がその役割を果たさなければ、チームとして機能しません。どのポジションも重要な役割を持っており、一見目立たない地味なポジションであっても、そこを担当する選手がいなければチームは負けてしまうでしょう。 それらのポジションを円滑に機能させるリーダーも重要な役割となります。チームの指揮を執るため、判断能力も問われることになります。

まとめ

アメフトのポジションを紹介しました。 それぞれのポジションを把握しておき、どのような役割をする選手なのか理解して観戦することで、観戦の楽しさが倍増しますね。

おすすめの記事