「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夢と感動と愛を与えた日本柔道界の偉人5人

2016 7/23 23:12
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

リオ五輪で日本柔道を応援する柔道ファンの方へ。これまで日本柔道を引っ張ってきた柔道家についても知りたいという人も多いと思います。ここでは日本柔道の偉人5人をご紹介します。

柔道の父であり、柔道家に夢と希望を与えた嘉納治五郎

柔道は柔術の技を基礎に崩しの原理を取り入れ、修行面に加えて人間教育の手段であるとして柔道と名付け、1982年に嘉納治五郎が創始した武道です。嘉納は東京の永昌寺という寺の書院12畳を道場代わりとして、講道館を創設しました。嘉納は柔道を通じて心身を鍛えるだけでなく、精力善用、自他共栄の考えを身につけた人材を社会に輩出することで、社会を改革することができると信じていました。さらに教育者としても尽力し、東京高等師範学校(現筑波大)の校長などを務め、1909年には日本人初の国際オリンピック委員会の委員となるなどスポーツの振興に努めます。嘉納が作った柔道は世界中に普及しオリンピック競技となっただけでなく、修養につとめて人格を高める精神的な面も今に引き継がれれています。

柔道に最も愛され愛した男、山下泰裕

山下泰裕は日本柔道界最強の男と呼ばれるほど圧倒的な強さを誇った柔道家で、203連勝や外国人選手には生涯無敗(116勝無敗3引き分け)という大記録を打ち立て国民栄誉賞を受賞した日本の英雄です。1984年のロサンゼルスオリンピックでは金メダル、世界選手権でも4つの金メダルを獲得するなど、その成績は群を抜いています。現在も柔道やスポーツ関連の様々な役職についてその経験を後進に伝えています。

おすすめの記事