「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リオや北京、ロンドンでレスリングのオリンピック選手が呟いた名言5選

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by http://www.asahi.com/articles/ASJ8M2476J8MUTQP00B.html

オリンピック選手といえば、ストイックな練習を重ねて世界を舞台に戦うアスリートだ。そんな彼らの心の中はどのようになっているのだろうか。今回は、試合前後のインタビューなどでふと語られた彼らの名言を紹介する。

世界を前にして前向きに挑戦できるメンタルが感じられる名言"吉田沙保里"

「夢は大きく、常に向上心を」。世界に飛び出した中京女子大(現至学館大)時代から、吉田を支えている言葉だ。「好きだ。いつも、この言葉と一緒に戦っています」。過去2大会の金メダルも、この言葉とともに手にしていた。

出典: ロンドン2012 日刊スポーツ

人類最強は一日にしてならず。何かに挑戦するとき、壁にぶつかることも多い。そんな時にも夢と向上心を忘れない強いメンタルを持ってこそ、目標に到達できるのかもしれない。

「絶対はない」と思い知らされる名言"吉田沙保里"

??すばらしい試合だった。今の気持ちを振り返ってください 「たくさんの方に応援していただいたのに、銀メダルで終わってしまって申し訳ないです」??そんなことない。素晴らしい戦いだった 「日本選手の主将として、金メダル取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」

出典: 産経ニュース

どんなに磐石に見えても、勝負に「絶対はない」のだと思い知らされる。
しかし吉田選手が敗れたのは、彼女の試合を見てレスリングを始めた選手だ。膨大な数の選手の目標であり続けたからこそ、「絶対はない」という教訓が生きるのかもしれない。

おすすめの記事