「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

心にぐっとくる!女子レスリングの名場面6選

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.sankei.com/photo/

人気選手もいて、メディアでも目にすることの多い女子レスリング。心に残る場面や試合を、エピソードと共に紹介する。

勝利とは?スポーツマンシップとは?2006年世界選手権、浜口京子

女子72kg級の決勝。浜口選手は、スタンカ・ズラテバ選手(ブルガリア)の頭突きを顔面に受け、鼻を骨折してしまう。出血と腫れがひどく、大怪我なのは傍目にも明らか。しかし、ズラテバ選手にはペナルティも課せられず、審判団への抗議も通らないまま試合は続行された。浜口は敗戦となり、無念にも優勝を逃す結果となってしまったのだ。
試合後、浜口選手は4ヶ所の鼻骨骨折で全治4か月と判明。後に当該審判の降格処分が決定している。大怪我を負わされての試合続行にも、冷静に相手に立ち向かい、最後まで誠実に試合と向き合った浜口選手。真の勝利とは何なのかを問われる試合、心打たれる場面だった。

悲願のオリンピックで咲く。2012年ロンドン五輪、小原日登美

決勝の相手はアゼルバイジャンのマリア・スタドニク。序盤は積極的な攻撃に押されて、リードを奪われてしまう。冷静さを取り戻した第2ピリオドでは、相手の僅かな隙を逃さず、持ち前の高いレスリング技術を駆使してこのピリオドを奪取。第3ピリオドは絶妙なタックルと見事な返し技で制し、結果、48kg級で日本人初の金メダルを獲得した。
小原選手は試合中に両目のコンタクトレンズを失い、残り時間も分からない状態で戦っていた。「守るな。攻めろ」と、絶えず自分に言い聞かせて。夢に見続けたオリンピックの舞台。苦難を歩んだ天才レスラーが、うれし涙で競技人生の幕を閉じたのだ。

おすすめの記事