「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

かわいいのに力持ち!ウエイトリフティング三宅宏実選手のプロフィール

2016 12/1 16:42
ウエイトリフティング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pal2iyawit / Shutterstock.com

オリンピックで2大会連続のメダリストになった三宅宏実選手。どこからあんな力が出るのかと疑いたくなるほどキュートなルックスも魅力の選手ですよね。そんな三宅宏実選手のプロフィールをご紹介します。

ウエイトリフティング一家に生まれる

三宅宏実選手は、1985年11月18日に埼玉県新座市で生まれています。
お父さんの三宅義行さんは、1968年のメキシコ・オリンピックで重量挙げフェザー級で銅メダルを獲得した名選手。叔父の三宅義信さんも重量挙げの選手で、1960年のローマで銀、1964年の東京そしてメキシコで金メダルを獲得した名選手です。
兄二人もウェイトリフティングの競技を行なっており、三宅宏実選手はウエイトリフティング一家に生まれ、育ちました。

ウエイトリフティングを始めたきっかけ

そんなウエイトリフティング一家に生まれた三宅宏実選手ですが、意外にもウエイトリフティングを始めたのは遅くて、中学3年生からです。シドニー・オリンピックを見たことから始めました。
それ以前は、音大出身の母親の影響で、ピアノを習い、中学時代は軟式テニスに明け暮れる毎日でした。
ウエイトリフティングを始めた三宅宏実選手は、自宅の台所を練習場に使い、連日父親と練習しました。練習から3か月経つと42.5㎏を挙げることができるようになりました。これは父親の三宅義行さんが高1で挙げたのと同じ重量です。

おすすめの記事