「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【初心者必見】Vリーグ観戦時に気を付けたいこと

2016 9/8 23:08
イメージ画像ⒸVerveridis Vasilis/Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸVerveridis Vasilis/Shutterstock.com

Vリーグとは

Vリーグは男女ともに8チームで構成されており、正式にはV・プレミアリーグ。秋冬制が採用されている。

チャンピオンの決め方は、8チームがリーグ戦で戦い、残った6チームがファイナル6と呼ばれるポストシーズンで戦う。ファイナル6で上位3チームになると、次はファイナル3と呼ばれるトーナメントが行われる。ファイナル3では2位と3位が戦い、勝者が1位と対戦する。

Vリーグを観戦するときの注意事項

試合は野球場などのように何万人も入る場所ではせず、シーズンが秋から冬にかけてということもあり、基本的に冷暖房完備の体育館やアリーナで行う。つまり、座席数が少ないので荷物を置くなどして不要な座席取りは控えた方がよい。一人でも多くのファンが観戦できるような心配りが大切だ。

また、開場によっては土足厳禁のところもあるため、上履きを持参した方がいいか事前に確認が必要。

フラッシュ撮影は厳禁

生で試合観戦をすると、練習風景や試合中のシーンを写真に残したくなる。しかし、カメラを利用するときには注意事項がある。

選手のプレーが妨げられる恐れがあるため、野球などと同様にフラッシュ撮影やAF補助光は禁止となっている。会場内で選手や風景を撮影する場合は、フラッシュを切りISO感度を上げて対応する事をお勧めする。

選手への声掛け禁止

選手の体育館入りする時や試合前の練習時にはサインを頼みたくなるだろう。しかし、試合前の選手たちは観客に最高のパフォーマンスを見せるため、集中する時間なのだ。

Vリーグの試合はサイン会や写真撮影会ではないので、むやみに声をかけたりサインを求めたりすることは禁止されている。これはチームや会場によってルールが違うため、確認し会場スタッフや警備員の指示に従ってマナーある行為をしよう。

おすすめの記事