「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バレー選手はサラリーマン?気になる年収を調査してみた

2016 9/8 23:08
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Tatiana Popova/Shutterstock.com

日本のバレーボールのトップリーグであるVリーグ。このVリーグに所属している選手はいくら稼いでいるのでしょうか?
今回はVリーグに所属する選手の年収についてご紹介します。

Vリーグ選手はサラリーマンが大半

Vリーグで活躍する選手の大半は、実は企業の社員がほとんどです。他のサラリーマンやOLなどと同じで、企業ごとにある就業規則を順守する必要があり、営業部や事務部、総務部など、会社の部署にキチンと配属されています。
サラリーマンですから、もちろん毎朝社会人が出勤する時間帯に出勤しなければなりません。企業によっては、バレーをする以外にも通常の業務を行うことも多く、営業部に配属されている選手はノルマが課せられている場合も。ただし強豪チームほど、バレーの練習に負担がかかるような仕事は担当させず、書類をまとめたり、コピーをとるだけなど負担のない仕事を任せます。

社員選手の給料

肝心の給料ですが、月収30~50万円、年収だと400~600万円。平均年収は480万円です。これがVリーグ全体の平均年収でもあります。この年収は同世代のサラリーマンよりも少しだけ多い額となっています。これは「手当」という形で通常の給料に上乗せされているためです。
チームや個人の結果次第ではこの手当が増えて、年収がアップする場合があります。企業が準備する寮に住んでいるので家賃を払う必要がありませんし、さらにバレーの練習に時間を割くためお金を使う機会がなく、貯まっていくことが多いそうです。

プロ契約選手の給料

Vリーグは社員選手が大半です。中にはプロ契約を結んでいる選手もごくわずかですが存在します。彼らの年収は社員選手よりも少なめの200~250万円。契約内容的にはアルバイトとあまり変わりません。
さらに結果がでなければ、社員と違ってすぐ解雇になってしまう可能性もあります。ですが、社員選手になくてプロ選手にだけあるチャンスがあります。活躍して知名度さえ上がれば収入がグンと上がる可能性があるのです。

社員とプロの違いは?

さきほどご説明したように、社員選手は試合で活躍すれば「手当」によって収入が上がる可能性も十分にありますが、基本的には固定収入のため限界があります。
一方、プロ選手は社員選手と違って限界がありません。活躍すればスポーツ用品メーカーやその他の企業とのスポンサー契約を結ぶことが可能です。さらに個人的なイベントの開催やメディアへの出演などを重ねれば社員選手とは比べものにならないほど収入が跳ね上がります。
しかし、そのような選手はほんの一握り。Vリーグ全体の平均年収を引きあげるほどの人数はいません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
バレー選手は一般的にはサラリーマンという形態を取っていることが多いようですが、メディアに露出するようなプロ選手をもっと増やしていくことで、さらなるVリーグの発展につながっていくのではないでしょうか。

以上「バレー選手はサラリーマン?Vリーグの選手の年収を調査してみた」でした。

関連記事

おすすめの記事