「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【めっちゃ強いやん】京都府の男子バレー強豪校5選

2016 8/29 20:51
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都府の男子バレー強豪校である東山高等学校、洛南高等学校、有名選手を多数輩出している京都府立北嵯峨高等学校や今後注目したい高校を5校ピックアップして、それぞれの戦績や特徴などを紹介する。

京都府内ナンバーワン 東山高等学校

学校法人佛教教育学園が運営する私立男子校で2009年には、佛教大学などと合併した。創立140年の大変長い歴史を持つ伝統校であり、多くの部活動が優秀な成績を収めている。野球部や卓球部、サッカー部が全国大会の常連として知られている。
バレーボール部も同様に、全国大会へ出場を果たしている。平成27年には京都新人選手権大会で優勝に輝くなどその強さは今もなお衰えていない。

京都府の名門 洛南高等学校

中高一貫の私立校で真言宗系の学校としては随一の進学校と名高く優秀な生徒が数多く在籍している。また、バスケットボールや体操、陸上競技などの体育系部活動も盛んであり全国大会の舞台で活躍している。
同校バレーボール部は2004年に行われた全国高校総体という夏の大会で優勝し全国で1位に君臨した。平成27年のインターハイ京都府予選でも優勝を果たし、毎年着実に全国へと駒を進めることのできる安定したチームが持ち味の学校だ。

おすすめの記事