「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【いいじゃん】神奈川県のバレー強豪校5選

2016 8/30 05:51
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Aptyp_koK/Shutterstock.com

神奈川県にある全国大会に出場する注目の高校をまとめた。
強い高校には歴史がある?どんな練習をしている?強さの秘訣は?など、強豪校を5選紹介しよう。

文武両道の川崎市立橘高等学校バレー部

川崎市中原区にある川崎市立橘高校高等学校は、男女ともにバレーボール全国大会の常連である。2000年に校舎が新しくなり、翌年には国際科とスポーツ科が新設され人気が高まっている。部活動が盛んで、ほとんどの生徒が勉強との両立に取り組んでおり、団結力の強い学校だ。
バレーボール部は男女一緒にダッシュやサーキットトレーニングなどの力づくりを行っている。男女一緒にトレーニングをすることで、互いの意識が高まり、それが強さの秘訣になっているのかもしれない。

齋藤監督率いる荏田高等学校バレー部

横浜市都筑区荏田南に位置する荏田高等学校は文武両道をテーマとしている。各学年10クラスずつの規模の大きい学校である。校内にはトレーニングルームがあり、ボルダリングもできる。体育系の部活が盛んで、体育祭も盛り上がりを見せるそうだ
バレーボール部は土日祝日になると遠征や合宿を行い、ゲーム中心の練習を行っている。2013年にはインターハイ初出場を決めた。齋藤監督の以前の赴任先は岸根高校で、以前そこのバレー部を全国大会へと導いた名監督である。

おすすめの記事