「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

デフリンピック女子バレー金メダルへの道~手のぬくもりが互いのエール

2017 11/10 12:24kero
第23回夏季デフリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年トルコで金メダル!手話で国歌斉唱

去る2017年7月18日~30日、トルコ・サムスンにおいてデフアスリート(聞こえないアスリート)たちのスポーツの祭典、第23回夏季デフリンピック(IOC承認)が開催された。
世界97カ国、3104人が参加し、過去最多の参加者数。かつてない盛り上がりを見せた。日本からは選手108名、スタッフ69名、総勢177名を派遣。前回ソフィアで銀メダルを獲得したデフバレーボール女子日本代表は満を持して金メダル獲得へと臨んだ。

出典:第23回デフリンピック競技大会(サムスン2017)日本選手団サイト

決勝戦はストレート勝ち

2017年サムスン大会の女子バレーボール競技参加国は、全部で9カ国だった。準決勝の対戦相手はウクライナだ。過去3回金メダルを獲得しているウクライナを下すことは、デフリンピック女子バレーにおいて大きな意味を帯びる。
ウクライナチームの平均身長は日本チームより遥かに高く、その長身を活かした攻撃が続き接戦となった。しかし日本チームは、手を握り、励ましあい、伸び伸びとプレーすることで、気圧されることなくウクライナを下し、決勝へと勝ち進んだ。
決勝の相手はイタリアだった。ウクライナ戦で勢いがつき、持ち前の団結力がいかんなく発揮され、日本ペースのまま3-0のストレート勝ちだった。

キャプテンの宇賀谷選手は、誰かがミスをすれば駆け寄り励まし、インターバルでは全員で手を握り共に支えあった。聞こえる選手たちの競技とは、異なる種類のコミュニケーション能力が必要となるデフバレーボール。バレーボール女子日本代表は、2017年7月デフリンピックサムスン大会で全勝優勝し、2001年以来、16年ぶりの金メダルを日本にもたらした。

サムスン大会バレーボール女子日本代表

出典:第23回デフリンピック競技大会(サムスン2017)日本選手団サイト


おすすめの記事