「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】Wエースで目指すは2冠!鎮西高校の春高予想

2017 11/10 12:24Mimu
バレーボール スパイク
このエントリーをはてなブックマークに追加

21年ぶりにインターハイを制覇した鎮西高校

2017年、みごと21年ぶりのインターハイ優勝を果たした熊本の鎮西高校。高校バレー界では古くから強豪として知られる伝統チームで、「カナリアイエロー」ともよばれる特徴的な黄色のユニフォームは、長年ファンの間で親しまれてきた。

1月の春高バレーでは、宮浦健人(現:早稲田大学)というサウスポーアタッカーを擁しながら初戦敗退。前年の春高では準優勝という成績を収めており、非常に期待された大会だったのだが、まさかの結果に終わってしまった。しかし、新チームとなった今回のインターハイは、見事にリベンジ成功。その勢いのまま、春高制覇に期待がかかる。

インターハイ制覇の原動力となった自慢のWエース

鎮西高校といえば、やはり鍬田憲伸(3年)・水町泰杜(1年)のWエースが強い。インターハイでは、この2人が攻撃の軸となって、チームを優勝に導いた。特に決勝の開智高校戦では、第1セット序盤こそ相手にリードを許す場面もあったものの、鍬田のスパイク、そしてサーブで立て続けにポイントを奪うと、そこからは完全に鎮西が流れに。

中盤以降は鍬田と水町が強烈なスパイクを何本も決めると、さらに要所でブロックも上手く決まり、開智高校エースである岡本捷吾(3年)に仕事をさせない。すると徐々に相手にミスが出始め、それ以降は完全に鎮西が試合を支配した。結局1セットも落とすことなく、3-0のストレート勝ち、完勝で優勝を決めている。

おすすめの記事