「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー予想】コート内外が一体となる!大和南バレー部

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

公立ながら高校バレー界をリードする大和南高校

神奈川県の公立高校ながら、毎年のように全国大会に出場している県立大和南高校。前回の春高バレーで12年連続13度目の出場を果たし、公立高校として唯一ベスト8に入る活躍を見せている。だが準々決勝で当たった下北沢成徳にはストレート負け。全国トップとの差を痛感させられ、課題の見えた大会でもあった。

新チームになって臨んだインターハイでも、決勝トーナメントの初戦で八王子実践に敗退しており、これで2大会連続で東京代表に敗退となってしまった。やはり全国の頂点に立つためには、避けて通れない相手ということだろう。そのためのポイントは、一体どこになるのだろうか。

基礎を大事にした大和南バレー

大和南高校のバレーには、特徴という特徴はない。プレーは基本に忠実、選手たちも攻守ともバランスが取れた選手が多い。だが、それこそが大和南高校の強さでもある。基礎を徹底的に練習してきた選手だからこそ、大舞台でも自分たちの力をしっかりと発揮することが出来るのだ。

そして、その大和南バレーを支えているのが、キャプテンの佐藤未羽である。抜群のリーダーシップに、強力なスパイク。そして守備でも献身的なプレーをしてくれる。文字通り、大和南の柱だ。プレーだけでなく、そのバレーに対する姿勢にも注目していきたい。

おすすめの記事