「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー予想】コート内外が一体となる!大和南バレー部

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

公立ながら高校バレー界をリードする大和南高校

神奈川県の公立高校ながら、毎年のように全国大会に出場している県立大和南高校。前回の春高バレーで12年連続13度目の出場を果たし、公立高校として唯一ベスト8に入る活躍を見せている。だが準々決勝で当たった下北沢成徳にはストレート負け。全国トップとの差を痛感させられ、課題の見えた大会でもあった。

新チームになって臨んだインターハイでも、決勝トーナメントの初戦で八王子実践に敗退しており、これで2大会連続で東京代表に敗退となってしまった。やはり全国の頂点に立つためには、避けて通れない相手ということだろう。そのためのポイントは、一体どこになるのだろうか。

基礎を大事にした大和南バレー

大和南高校のバレーには、特徴という特徴はない。プレーは基本に忠実、選手たちも攻守ともバランスが取れた選手が多い。だが、それこそが大和南高校の強さでもある。基礎を徹底的に練習してきた選手だからこそ、大舞台でも自分たちの力をしっかりと発揮することが出来るのだ。

そして、その大和南バレーを支えているのが、キャプテンの佐藤未羽である。抜群のリーダーシップに、強力なスパイク。そして守備でも献身的なプレーをしてくれる。文字通り、大和南の柱だ。プレーだけでなく、そのバレーに対する姿勢にも注目していきたい。

1年生からエースを務めた若松はどれだけ成長したか

もう1人、この春高のカギを握るのは、1年生からエースアタッカーとして活躍してきた若松歩実である。
身長は177cmであるが、抜群の跳躍力を誇り、相手ブロックのさらに上から強烈なスパイクをたたき込むことが出来る選手だ。インターハイの八王子実践との試合でも、相手が3枚ブロックに突いたにもかかわらず、その上から豪快にスパイク決めている。
全国でもトップクラス、神奈川県内だとNo.1のアタッカーといっても良いのではないだろうか。大和南は、佐藤とこの若松が攻撃の軸となって攻め込んでいく。

大和南は応援団にも注目

そしてもう1つ、注目してほしいのが、応援団である。大和南高校の応援は本当にすごい。県予選から楽器を使った応援を行っており、その盛り上がりはさながらVリーグの試合を見ているかのようだ。
インターハイは地方で行われるため、楽器の応援はなかったが、春高バレーは東京で行われるため、きっと次回の大会でもこの応援を楽しむことが出来るはず。

大和南の応援は、見ているだけでも楽しくなってくる。いつの間にかつられて大和南を応援していたという方も多いのではないだろうか。ちなみに、在校生や卒業生だけでなく、地元の方も応援に駆けつけるという。この地元に根付いた応援というのも、公立高校ならではの強みなのかもしれない。

選手と応援団が一体となって勝ち上がる

以上が、大和南の注目ポイントである。徹底的に鍛え上げた守備力で相手の攻撃をしっかり凌ぎ、チャンスが来れば強力なスパイクで得点していく。そして得点が決まれば、応援団がコート全体を盛り上げてくれる。コートの中と外が一体となって戦うのが、大和南のバレーだ。
この光景は、きっと2018年の春高バレーでも見られることだろう。応援してくれる方たちのためにも、前回を越えるくらいに勝ち進んでほしい。

関連記事

おすすめの記事