「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】攻撃力は全国屈指!市立尼崎の春高予想

2017 11/10 12:24Mimu
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2大会連続で優勝校に敗退した市立尼崎

兵庫の公立高校でありながら、バレーでは常にトップを走り続ける市立尼崎高校。2017年の春高バレーで、18年連続29回目の出場となった。インターハイの方も、2017年で9年連続18度目を数えている。

春高バレーでは準々決勝で駿台学園に、インターハイでは3回戦で鎮西高校に敗退。2大会連続で、その大会の優勝校に敗退してしまっている。全国でトップを取るような高校と自分たちとの差を、思いっきり痛感させられてしまった。
だがこの経験は、きっと次の大会で生きてくるだろう。2018年の春高バレーに出場すれば19年連続30度目。節目の30回目の挑戦で、頂点に立つことが出来るだろうか。

好選手がそろう3年生

市立尼崎には、良い選手たちがそろっている。3年生では、サウスポーアタッカーの井上大地に注目だ。184cmながら、最高到達点は332cmと、非常に高い身体能力を持つ選手だ。
スパイクやサーブの威力は十分。だが何よりも、ブロックやレシーブにも安定感があり、彼のところにボールが飛ぶだけで安心することができる。
この学年では井上と、188cmの長身アタッカーである馬場真一、そしてセッターの西畑一聖が3年生としてチームの中心選手となっている。彼らのコンビネーションも、この春高の注目ポイントだ。

おすすめの記事