「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】伝統の守り勝つバレー!習志野高校の春高予想

2017 11/10 12:24Mimu
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年好成績を上げている習志野高校

2017年、習志野高校のバレー部が好調だ。1月の春高バレーでは3位に入り、夏のインターハイでも3位、これまでは全国の舞台に出ることはあっても、なかなか上位に進むことができなかったが、直近の2大会で大きな成果を上げることができている。10月の国体でも、5位という成績を残した。

昨年は中心選手のほとんどが2年生、新チームになっても大きく顔ぶれが変わることがなく、次回の春高バレーでも大きく期待されている。今回は、習志野高校バレー部の注目ポイントやカギを握るであろうプレーヤーを紹介していこう。

守備からリズムを作る伝統のバレー

習志野高校バレー部は、その高い守備力に定評がある。サーブレシーブ、そしてブロックから流れを引き寄せることができるチームだ。特に昨年の春高バレー準決勝の仙台商業戦は、その戦い方が見事にハマった試合である。

この試合では、当時2年生エースだった中村啓人が集中的に狙われてしまい、第1セットで一時7点リードを許す苦しい展開になってしまう。しかし、その苦しい雰囲気を振り払ったのは、松下正明のサーブレシーブであった。
相手のサーブをしっかりレシーブし、セッターの宮下想につないでいく。基本的なことであるが、ここからリズムが生まれ、7点差をひっくり返す大逆転で第1セットを勝ち取ったのだ。

レシーブにより集中することで、相手の得点を防ぐことが出来る。さらに良いレシーブが返れば、一気に反撃のチャンスも生まれてくる。こういった基本的なプレーだからこそ、そこを徹底することでチームに流れがやってくるのだろう。

おすすめの記事