「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】好選手多し!高川学園の春高予想

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は過去最高の成績を残した高川学園

2017年春高バレーでは、見事に3位という成績を収めた山口県の高川学園。バレー部が実績を残すようになったのは比較的最近であるが、5度目の春高出場で、過去最高の成績を収めることができた。

だが準決勝の東亜学園戦では、0-3のストレート負け。第3セットも26-26の同点まで粘ったものの、最後に2連続でポイントを取られてしまい、結局セットをとることなく敗退となってしまった。
まだまだ全国でトップをとるような高校とは差があるということだろう。西村信キャプテン(現:日体大)も悔しさをにじませていた。

さらに新チームとなった今回のインターハイでも、決勝トーナメントで初戦敗退。安定して全国を勝ち抜くには、まだまだ力をつけていかなければならない。今回は、2018年の春高バレーに向けて、高川学園の注目ポイントやキープレーヤーを予想しよう

昨年の中心選手がそのまま残る

前回の春高バレーでは、高川学園は下級生中心で戦っていた。もちろん中心はキャプテンの西村信であったが、2年生の三輪大将、1年生の持田恒希・山田亜藍など、下級生の活躍もあってのベスト4であった。2018年の春高でも、彼らがキーマンになるだろう。

中でも注目なのは、三輪大将だ。190cmの長身に、最高到達点は340cm。このインターハイでも、鎮西高校の鍬田憲伸に次いで2位となる高さを誇っている(習志野高校の上条レイモンドと同値)。
2017年の春高ではミドルブロッカーであったが、ポジションなんて関係ないとばかりに、相手ブロックのさらに上からスパイクを打ちこんでいた。もちろん本職のブロックも上手く、守備からでも流れを変えられる選手だ。

おすすめの記事